WORKS APPLICATIONS

用語集


オムニチャネル



“オムニチャネル” を実現する次世代型EC統合パッケージ

 昨今、EC業界において、「 オムニチャネル 」という言葉がよく聞かれるようになっております。 オムニチャネル とは、元々、2010年頃のアメリカEC業界において発生した言葉です。amazonの躍進への対抗手段として、アメリカの既存小売企業が、既存の店舗を活用したEコマースの戦略を取る中で生み出されてきた概念です。また、Eコマースの発展に伴い、小売流通における方法論が大きく変化しました。これまでの“お客様にいかに商品を販売するか”という方法論から“お客様にいかに選んでもらうか”という方法論に変化したのです。これはビジネスの軸足が、売り手(企業)から買い手(お客様)に移った大変革です。このが日本にももたらされ、現在日本においても、大きくEコマースの世界・成功法が変わろうとしております。

 一般的に オムニチャネルとは「WEB とリアル店舗の融合」といった言われ方をしますが、本質的には オムニチャネル とは、お客様に選んでもらうための体制を企業側が整えることです。具体的には実店舗やネットショップ、カタログ、コールセンターをはじめとするあらゆる販売チャネルや流通チャネル、ブランディングを統合することを指します。既存の全ての販売チャネルを統合することにより、お客様の事情、都合に合わせて便利な選択肢から自社の商品、サービスを選んでもらう事を目的とします。

 オムニチャネル では、実店舗、ネットショップ(ECサイト)、自社Webサイト、テレビ通販、カタログ通販、コールセンター、ソーシャルメディアなどのあらゆる顧客との接点から、全く同じ利便性で商品を注文・購入できるという点とその注文・購入に対しての商品の受取やサポート決済までも全く同じ利便性で受けることができる状態を構築します。

【 オムニチャネル 構築により実現できる例】

例1)在庫情報のシームレス化
 全チャネルの在庫情報をオンライン化することによって、在庫のある店舗や倉庫を即座に発見可能にし、購買タイミングを逃さない

例2)販売商品の拡充
 店舗には置いていない(置ききれない)商品を、iPadなどのタブレット端末から閲覧出来るようにする事で、店舗の空間以上の商品を販売可能にする。

例3)受取チャネルのシームレス化
 PCやスマホ、タブレット経由でのオンライン購入(Eコマース)に関して、店舗受取を選択可能にし、宅配を待たずに即商品を受け取ることができる。  また、店舗が閉まっている時間帯に関しても、商品の受け渡しだけを行う窓口を用意することにより、お客様はその企業(お店)から24時間商品を購入することができる→実質の24時間営業。

例4)決済方法のシームレス化
 在庫情報および決済情報が連動しているため、店舗での購入の際、スマホ等のデバイス経由での決済を済ませれば、レジを経由する必要なく商品を受け取ることができるため、レジオペレーションの緩和が可能になり、お客様からはレジ待ちのストレスが無くなる。

例5)購入チャネルのシームレス化
 すぐに利用する必要のない商品、または重たい商品などについて、店舗で購入したものを自宅受取にすることで、持ち帰りの煩わしさから開放する事が出来る。

オムニチャネル_店舗受取_COMPANY EC


【 オムニチャネル を実現するためのシステムインフラ】

商品情報の一元化
  Eコマースに耐えうる商品情報、スマホ等デバイスでの最適化
在庫情報の一元化
  店舗情報、Eコマース用倉庫や各チャネル用倉庫の在庫情報の一元管理
顧客情報の一元化
  顧客情報およびポイント、販促関連(クーポン等)の情報を一元管理
物流情報の一元化
  店舗物流、Eコマース物流、など全ての物流情報の一元化
フロントシステム
  PC、スマホ、タブレット端末など、あらゆるデバイスでの情報提供と購入の仕組み

“オムニチャネル” を実現する次世代型EC統合パッケージ