WORKS APPLICATIONS

グローバルEC

グローバルでの統一管理と地域ごとのローカライズ
世界規模のニーズに柔軟に応えるなら


 

日本語はもちろん、英語、中国語、
その他言語に対して対応が可能です

複数の国や地域に対しての越境ECサイト(クロスボーダーECサイト)を展開する上で必要となる、多言語、多通貨に関して対応しております。
商品データや顧客データ、受注データなど一元管理が可能になりますので、複数サイトをそれぞれ立ち上げる手間がなく、最小工数で各国や地域に対しての越境ECサイトを構築・運営することができます。

日本語はもちろん、英語、中国語、
その他言語に対して対応が可能です


サイト表記や商品データを自動翻訳することにより、
世界全ての言語に対応可能

サイト表記や商品データを自動翻訳する
ことにより、世界全ての言語に対応可能

主要言語以外の地域に対しての越境EC構築(クロスボーダーEコマース)において、言語翻訳は大きな作業量を要します。
その作業量に対しての費用対効果が求められるため、ほとんどの越境ECにおいては、多言語と言いながら英語・中国語対応のみであるケースが多くみられます。
COMPANY ECなら、地球上の主要言語に関する言語翻訳APIを標準装備しておりますので、ドイツ語、フランス語、スペイン語、韓国語…などの対応も可能です。それにより、ライバルがまだ進出できていない国や地域での先駆販売が可能になります。


各国や地域に合わせたカートをご用意

単に越境ECサイト(クロスボーダーECサイト)上の表記や商品情報表記における多言語化や多通貨化のみではなく、カートフローにおいても、それぞれに対してカスタマイズ可能です。これにより、それぞれの地域での住所表記に合わせたカートフローを構築することが可能です。
(越境ECにおける自動翻訳系の多言語サイトではなく、それぞれの地域ごとのインターフェイスを用意する多言語サイトの場合)
越境ECサイト(クロスボーダーECサイト)においても、かご落ち率の低いサイトを実現し、売上アップに貢献します。

各国や地域に合わせたカートをご用意


ECサイトを展開する国や地域ごとの
物流センターを統合管理

ECサイトを展開する国や地域ごとの
物流センターを統合管理

海外EC販売において各国や地域ごとに商品在庫を有する場合も、COMPANY-ECなら、複数地域にまたがる倉庫管理を行うことができますので、それぞれの地域で入ったオーダーに対して、それぞれの地域の物流倉庫での配送管理を行うことが可能です。
それにより、受注オーダーをそれぞれの地域ごとに仕分けをする手間がなくなるため、配送遅配による機会ロスと中間コストを削減できます。


ソーシャルサイトとの連携を強化することにより
海外ECサイトプロモーションの幅を拡大

越境ECにおいて、ソーシャル連携はプロモーションの観点からも日本以上に必須項目となります。特にFacebookにおいては、単にソーシャルツールとしてだけではなく、CPC広告やオウンドメディア展開の側面からも非常に重要な連携ソーシャルメディアとなっております。COMPANY-ECはFacebookAPIとの連携により、Facebookログインはもちろん、ECサイト内におけるソーシャルインフラとしてフル連携することが可能です。それにより、各地域におけるより費用対効果の高いプロモーションを行うことが可能になり、御社ECサイトの収益アップを可能にします。

ソーシャルサイトとの連携を強化することにより
海外ECサイトプロモーションの幅を拡大


各国・各地域ごとの販売分析を行うことが可能

海外それぞれの地域ごとに売れ筋商品や顧客の購買行動は変わってきます。それらを海外における地域ごとや言語ごとに分析を行うことが可能です。それにより、地域ごとに販売戦略を行ったり、商品のマーチャンダイジングを変更したり、プロモーション内容を変更したりすることが可能になりますので、より効果的な海外・越境ECサイトプロモーションを行えるだけではなく、既存ビジネスへのフィードバックとして有益なデータを取得し、ビジネスに生かすことができます。

オールインワンだからこそ実現できる自由なCRM